ウォッチドッグスレビュー

PS4発売前からUBIソフトの大作としてアナウンスされていたオープンワールド系のゲーム。
ストーリークリア、オンラインも含めて30時間ほどプレイした時点での感想。

 
舞台は近未来のシカゴ。
ctOSというシステムに管理された街で、主人公はハッカーを裏の稼業として暮らしている。
ストーリー的にはわりとありがちな復讐劇だけどSFが好きなので世界観や雰囲気が楽しめた。
トム・クルーズあたりが主演で映画化とかしてもおかしくない感じ。

BroALudCAAAc6WG.jpg large

 
グラフィック部分はPS3版のウォッチドッグスもあるので、
たぶん龍が如く維新のようにポリゴンやテクスチャは同じ物を使っているんだろう、
期待していたほどズバ抜けた感じではなかった。
とはいえ文句をつけるレベルでは全くなく、かなり高品質。

また、PS4版ではゲームプレイを全て動画配信可能。
つまり買わなくても誰かが最初から全部配信していれば、オープニングからエンディングまで全て見れてしまう!
(他のゲームだと配信できるシーンを制限していることが多い、ネタバレになるから。)

無題

 
オープンワールド系のマップと言えば中に入れないハリボテの建物と動くマネキンだが、
街の各所に設置された監視カメラにアクセス出来たり、信号を青に変えたり、
配電盤を爆発させたり川に架かった橋を開閉させたりなどなど、色んなギミックが使えて楽しい。

BroBwEoCEAERKe3.jpg large

 
また、通行人は完全にマネキンというわけではなく、スキャンすると簡単な個人情報が見れたり、
スマホから銀行口座にアクセスして金を盗み出すことも出来る。
とはいえ設定されている個人情報などはいくつかの項目をランダムに組み合わせているようで、
やはりシェンムーみたいに1人1人に細かな設定や行動パターンがあるわけではないようだ。

BroCeX0CQAIV9gn.jpg large

 
オンライン対戦はPSplus未加入状態だと
「オンライン尾行」と「オンラインハッキング」の2種類しか出来ない。
とはいえ「オンラインハッキング」が隠れんぼ的な面白さがあってわりとハマる。
アサクリにもこういうオンライン対戦あったなー。

BroEo4GCAAEuLQ_.jpg large

 
細かい点
・×ボタンで決定、○ボタンでキャンセルが慣れずにたまに間違える。
・セーブ枠が1つしかなく、ミッションごとのやり直しが出来ない。
・オンライン対戦「オンライン解読」でのひどいラグがある。

全体的にGTAと比べるとボリュームが少ないが、
それなりのやり込み要素があるし、世界観や雰囲気が楽しめた。82点。

この記事に関係ありそうなもの

...


...


...


...


...


...


...

Leave a Reply

*