Androidアプリ制作覚書

Androidアプリを作りたい!ということで最近ゴチャゴチャやってる。このカテゴリはメモ。
とりあえずjavaを覚えないことにはどうにもならないので参考書を片手に勉強中。

ちなみにApp Inventorという、プログラミング言語がわからなくてもアプリが作れるというツールもあるようで、ちょっと使ってみたのだが、jnlpファイルを書き出して実行してもエラーが・・・

「Could not create the Java virtual machine」というエラーは、
jnlpファイルをテキストエディタで開き、max-heap-size=”XXXX”の部分を削除。

「スプラッシュ:recvに失敗しました」

なんだそれとググって見つけた対処方法が、
タスクマネージャー開いてjavaws.exeを消すこと。

jnlp実行→エラー表示→OK→javaws消す→jnlp実行

とすると実行できたり出来なかったりする。タイミングがよくわからない。
うまくいくとAndroid Blocks Editor が起動して、アプリ制作の続きが出来る。

Android SDKのddmsを使うとスマホ画面のキャプチャが出来るらしいのでやってみた。
つまずいた。

USBドライバのインストールが最初わけわからんかった。
IS04のUSBドライバをダウンロード
http://www.fmworld.net/product/phone/sp/android/develop/is04_usb/download.html
(他にもインストーラー付きの別のUSBドライバがあるようで、なんだかよくわからない。実は何も入れなくてもいいのかもしれない。)
IS04をPCにつなぐ
usb_driver_IS04を手動で選択してインストール
出来ないときはPC再起動

IS04設定のアプリケーションからデバッグモード起動
IS04をPCにつなぐ
Android\android-sdk-windows\extras\google\usb_driver  (パスはAndroid SDKのバージョンによって違うっぽいたぶん)
を手動で選択してインストール
出来ないときはPC再起動

Android\android-sdk-windows\tools内のddms.batから
DDM(Dalvik Debug Monitor)ダルヴィックデバッグモニターを起動。ダルヴィッシュ有を思い浮かべる。
IS04を接続すると「Name」の欄にSTSGXなんたらというそれっぽいのが出るので
選択して、上に表示されてるデバイスからスクリーンキャプチャを選択すると
あ、俺のスマホの画面じゃん!となり嬉しい。

スマホ側で操作して、それを反映したい場合はリフレッシュボタンを押す。


Warning: file_get_contents(http://ecs.amazonaws.jp/onca/xml?AWSAccessKeyId=AKIAIF5TWZNH73IKDEAA&AssociateTag=qerozon-22&Keywords=android&Operation=ItemSearch&ResponseGroup=ItemAttributes%2CImages&SearchIndex=All&Service=AWSECommerceService&SignatureMethod=HmacSHA256&SignatureVersion=2&Sort=&Timestamp=2019-03-24T17%3A27%3A10Z&Version=2009-10-01&Signature=b92BTnEBwNd9zCtesKSi87pLDFlD5oKkhXkGA%2BXDT64%3D): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Unavailable in /home/ss557322/qerozon.jp/public_html/wp-content/themes/clear-seo-blue-eng/amkeywords.php on line 73

Leave a Reply

*