アサシン クリード3 レビュー

シリーズは2のみプレイ済、と思っていたのだけど、
棚をよく見たら2じゃなくブラザーフッドという奴だった。


アサシン クリードIII【CEROレーティング「Z」】

ほとんど寄り道せず、初期武器のみでフルシンクロ、25時間ほどかけてクリア。
その内4時間ぐらいはミニゲーム、2時間ぐらいはオンラインで消費。

グラフィックは満足出来るレベル。
最近のゲームはみんなグラフィックが良いので、グラフィックが良いから評価!
みたいな面は無くなって来てる気がする。
グラフィック作ってる人の苦労を考えると泣けるが。

ちなみに3Dにも対応していたのでちょっとやってみたが、あえて3Dにしてプレイする必要はないかな・・・。

 
ゲームそのものはシリーズが続いてるだけあって面白い。
ストーリーはよくわからんけど引き込まれるし、システムもよく出来ている。
ただ、バグがかなり多い気がする。

・初め、セリフ音声が出なくてそういう仕様かと思ったが、再起動したら出るようになった。
・緑のマーカーがどうたら、と言われるのだが、初期状態ですべてOFFになっているので何のこっちゃわからんかった。
・ムービーでキャラの口が動いていなかったり、位置がズレてバグった感じになっていたり。
・ヒッキーがババ専すぎるので酒場の女のグラフィックを変更すべき!
アップデートでちゃんと直すんだろうか?

あとはバグでは無いけど、説明不足な面があって戸惑うことが何度かあった。
まぁググればいい話ではあるんだけど、ユーザーにググらせるってのはどうなのと。

 
ゲームの本筋以外はほぼプレイしてないのだけど、寄り道の要素がかなり面白いと思う。
まずミニゲーム。
ナインメンズモリス、ファノロナなど、聞いたことのないようなボードゲームが出来る。
これは特にファノロナが面白くて、Androidのアプリで作ってしまった。

他にも同じみの弟子アサシンを増やす要素や、
海戦要素、
地主シミュレーション的要素、
狩り要素、
クリア後のチートアンロック要素などがあった。

海戦要素は男ならかなり熱いはず!海の男だぜ!

 
オンラインはブラザーフッドにあったものと同じく、
隠れんぼみたいな感じで敵にコッソリ近づき殺害するのが基本。
やはりこれはハマってしまう。
正直これだけでも十分ゲームとして売れるんじゃないか。

 
全体的に、バグが多いことを除けば完成度は高いし、
やりこみ要素も多くてかなり長く遊べる良ゲーだと思う。
83点。

アサシン クリードIII【CEROレーティング「Z」】


Warning: file_get_contents(http://ecs.amazonaws.jp/onca/xml?AWSAccessKeyId=AKIAIF5TWZNH73IKDEAA&AssociateTag=qerozon-22&Keywords=%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%893&Operation=ItemSearch&ResponseGroup=ItemAttributes%2CImages&SearchIndex=All&Service=AWSECommerceService&SignatureMethod=HmacSHA256&SignatureVersion=2&Sort=&Timestamp=2018-07-20T08%3A25%3A48Z&Version=2009-10-01&Signature=6XUJN2evVKSmar5sVeDl%2B3LGf7hqeno3xKf4Gk3r%2Fz8%3D): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Unavailable in /home/ss557322/qerozon.jp/public_html/wp-content/themes/clear-seo-blue-eng/amkeywords.php on line 73

Leave a Reply

*