人生で初めて作ったゲーム

MYST風ゲームを作ろうと思って、
基本プログラムが出来て汎用的に使える感じになったな、しめしめと思っていたのだけど、
絵や音にかなり時間がかかりそうだったので、
それなりに早く作れそうなゲームを作ってみた。

ちょうどアサシンクリード3をやっていて、ファノロナ(アサクリ内のミニゲーム、ボードゲーム)
に3時間ぐらい費やしていたので
これをアプリにしたらどうかなと思いGooglePlayで「ファノロナ」「fanorona」を検索したら、
海外デベロッパーが1本(無料、有料合わせて2本)しか出していなかったので作ってみることにした。

・・・なんだかんだで8日ぐらいかかってしまった。
しかもCPUはランダムにコマ動かすだけだし。

何はともあれひとまず完成した品。
これが人生で初めて作ったゲームになった。

ファノロナ
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.qerozon.fanorona

 
オセロみたいなもんだしすぐ完成すると思ったんだけどなー・・・オセロ作ったことないけど。
それにしてもかなり時間がかかってしまった。
これオセロ作るより難しいんじゃないか実は。

 
Androidでゲームを作りたいと思っていて、今のところ全く何もわからない人のために、
ここまでに買ったおすすめの参考書などを記しておこうと思う。
プログラミングの知識が無い状態でJavaを覚えるところから、
Androidのアプリを1本作るところまでの参考書などはここに記しておいた。

人生で初めて作ったアプリ 
 

ゲームはこの本1冊だけ、値段が高いし難解だった。

Androidゲームプログラミング A to Z

難解だし高かったが、本気でゲームを作りたければ4800円は決して高く無い内容だと思う。
ただし、Androidアプリを1本でも完成させていなければやめといた方がいい。

1回読んだだけでゲーム作れるようにならないかなーwうへへうへへw
と思い、最初は一通り読んだだけ、もちろん何も出来なかったwそんなに都合のいい能力は持っていなかった。
2回目は読みながらちゃんとプログラムを組んでみて触ってみて、をやった。
何かのきっかけでこの記事を読んだ人は、
時間がかかろうが最初から組んで触ってをやるべき!1回目、読むだけは時間の無駄だよ!
その時間があるなら2回組んで触ってした方がいいよ!

とにかく、なんとか大体は理解できたので、MYST風のゲームを作るためにプログラミングを組む。
基本的にはこの本のフレームワークとやらをベースに、
改造を加えて進めたのでかなり楽だったんだろうなぁと思う。もちろん主観的にはきつかったけど。

でもAdobe AirやUnityなどのツールに頼らず、
自力でスクラッチ開発?でゲームを作る力、みたいなものは付くんじゃないかなと思う。
ツールに頼ったら製作の自由度が低くなりそうだし。
頑張れば自分なりのフレームワークみたいな物も作れるようになるんじゃないかな?

でも、この本をオススメはしない。たぶん長い道のりになるし、挫折に繋がるから。
ただ、近道にはならなくても、プログラミング言語の種類に頼らないゲームの作り方。
みたいな物の知識は付くはず。
たぶんつく。

さて、MYST風ゲームを作る間、次はアホみたいなゲームを量産したいな・・・。
MYST風ゲーム完成しない気がしてきた・・・。

この記事に関係ありそうなもの

...


...


...


...


...


...


...

One Comment zu “人生で初めて作ったゲーム”

  1. Qerozon » Blog Archiv » 人生で初めて作ったアプリ

    […] 何もわからないけど、これから勉強して作りたいって人のために勉強した参考書の類を記しておく。 追記:ゲームアプリを作りたい人向けに、おすすめの参考書を記しておいた。人生で初めて作ったゲーム […]



Leave a Reply

*